デカフェってどんなもの?どこで飲めるの?

ロゴ画像マグカップ2

コーヒーが大好きで毎日飲んでいる、という人は少なくありません。

しかし近年、コーヒーに含まれるカフェインの影響が問題視されてきています。

そこで人気を集めているのが「デカフェ」です。

デカフェとはどういうものなのでしょうか?

デカフェとは

ロゴ画像マグカップ

デカフェとは一言で言えば、カフェインが含まれる飲み物から、カフェインを抜いたもののこと。

多くはコーヒーを指しますが、紅茶や緑茶でもカフェインを抜いてあればデカフェと呼びます。

アメリカやヨーロッパではすでに普及しており、コーヒーを飲むときにはデカフェという選択肢が当然のように存在するんです。

しかし、日本ではまだまだ認知が進んでいないのが現状。

それでも、2015年頃から徐々に「デカフェ」をうたう飲み物が販売されるようになってきました。

お店で飲めるデカフェ

ロゴ画像コーヒーショップ

2016年には、ミスタードーナツでカフェインレスコーヒーの提供がスタート。

スターバックスでは、ドリップコーヒーのデカフェを以前から販売していましたが、2017年からはラテやモカなど、エスプレッソビバレッジのすべてをデカフェにできるシステムが始まりました。

このように、日本の飲食店でもデカフェが注文できるところはいくつかあります。

デカフェが注文できる主な飲食店は以下の通りです。(2017年12月現在)

全国

  • スターバックス
  • ドトール
  • タリーズ
  • ファーストキッチン
  • ローソン
  • ミスタードーナツ

関東地方

  • カフェソラーレ
  • 珈琲館
  • エクセルシオール カフェ
  • セガフレード・ザネッティ
  • 葉山珈琲(HAYAMA COFFEE)
  • セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ

東海地方

  • 星乃珈琲店
  • 上島珈琲店

また、コンビニでは他店にさきがけてローソンがカフェインレスシリーズを展開していますよ。

デカフェは自宅でも楽しめる

ロゴ画像ラテ

コーヒーショップだけでなく、デカフェは自宅でも楽しむことができます。

ペットボトル入りでコンビニやスーパーで買えるものもあれば、インスタントやティーバッグで売られているものも。

残念ながら、デカフェに「おいしくなさそう」というイメージを持つ人が多いのも事実です。

しかし、ブレンディやUCCなど、コーヒー専門メーカーからもデカフェ商品が出ており、品質は決して悪くありません。

朝の一杯やおやつタイムに、デカフェを利用してみるのもおすすめですよ。

デカフェをもっと身近に

ロゴ画像マグカップ2

デカフェを飲もうと思うきっかけは、人それぞれ。

妊娠中でカフェインを摂りたくない、寝る前に影響がない飲み物がほしい…

そんなときにデカフェを利用すれば、摂取するカフェインの量を減らし、健康を保つことにも役立つはず。

あなたの願いに、デカフェはきっと役に立ってくれるでしょう。