カフェインレス・ノンカフェイン・デカフェ…その違いと意味は?

ロゴ画像コーヒー

カフェインを含まない、もしくは少ない飲みものには、「カフェインレス」「ノンカフェイン」「デカフェ」など、さまざまな呼びかたがあります。

意味合いとしてはほとんど変わりませんが、含まれるカフェインの量には微妙な違いがあるため注意が必要です。

今回はその違いについて詳しくお伝えします。

「デカフェ」の意味

デカフェとは、もともとカフェインを含む飲み物から、カフェインを取り除いたものを言います。

英語ではDecaffeinated(デカフェネイテッド)と言い、略してDecafe(デカフェ)と呼ばれます。

「De」には「脱・抜く」という意味があり、スタバやタリーズなど、外国発祥のショップで主に使われる言葉です。

つまり、少量ではあるものの、カフェインを含んでいるということですね。

「カフェインレス」「カフェインフリー」の意味

デカフェよりもよく耳にするのが、このカフェインレスという言葉ではないでしょうか。

カフェインレスはデカフェと同じで、もともとカフェインを含む飲み物から、カフェインを取り除いたものを指します。

主に、缶コーヒーやペットボトルで売られている飲料に使われています。

カフェインフリーも、カフェインレスと同じ意味・使い方です。

つまり、意味としてはデカフェと変わりなく、少量ですがカフェインは残っているというということを覚えておいてください。

カフェインレスという英語はない

また、「カフェインレス」という言葉は英語にはなく、和製英語のひとつでもあります。

外国では通じませんので、海外旅行の際は「decafe(デカフェ)」という言葉を使うようにしましょう。

ローカフェインの意味

ローカフェインは「カフェインが少なめ」という、非常にあいまいな意味で使われます。

たとえば、緑茶と比べるとほうじ茶のカフェイン含量は少ないので、「ほうじ茶はローカフェイン」と言うこともできるわけです。

意味合いとしては、「もともとカフェインは含まれているが、その量は少ない」という場合に使われることが多いでしょう。

「ノンカフェイン」の意味

ノンカフェインは文字通り、まったくカフェインを含んでいないという意味です。

主に、もともとカフェインを含まないハーブティーや麦茶、ルイボスティーなどに多く使われます。

呼び方と意味の一覧

ここまでをまとめると以下のようになります。

  • デカフェ・・・カフェインが含まれる(もともとカフェインを含んでいる)
  • カフェインレス・・・カフェインが含まれる(もともとカフェインを含んでいる)
  • カフェインフリー・・・カフェインが含まれる(もともとカフェインを含んでいる)
  • ローカフェイン・・・カフェインが含まれる(もともとのカフェイン量が少ない)
  • ノンカフェイン・・・カフェインが含まれていない(もともとカフェインを含まない)

カフェインレスやカフェインフリーという言葉のイメージだけで、カフェインがゼロだと考える人も多いのが現状。

しかし、実際には「ノンカフェイン」以外は微量ですがカフェインが含まれるため、注意が必要です。

カフェインレス・デカフェの基準とは?

では、これらの呼び方ができるのはどういう場合なのでしょうか?

ヨーロッパにおけるデカフェの基準は厳しく、カフェイン含量がコーヒー豆では0.1%以下、インスタントコーヒーでは0.3%以下の場合のみ、「デカフェ」という名前を使うことができます。

日本の場合は、ここまで明確な基準は今のところありません。

ただし、「カフェインレスコーヒー」という言葉に関しては、全国公正取引協議会連合会で表記に関する規約があります。

これは、

コーヒー飲料・レギュラーコーヒー・インスタントコーヒーにおいては、カフェインを90%以上取り除いたものをカフェインレスコーヒーと表記する

というもの。

つまり、スーパーやコンビニで見かけるコーヒーやコーヒー飲料に「カフェインレス」の表記があれば、全体のカフェイン含量から90%以上除去したものだと言えます。

たとえば、コップ1杯100gのコーヒーに含まれているカフェインを40mgとすると、90%除去した場合は4mgのカフェインが残っているということになりますね。

表記によって意味は異なる!よく確認しよう

まとめると、呼び方による違いは次のようになります。

カフェインを含むもの

  • デカフェ
  • カフェインレス
  • カフェインフリー
  • ローカフェイン

カフェインを含まないもの

  • ノンカフェイン
  • カフェインゼロ

目的がカフェインの摂取量を減らしたいのか、それとも完全に除去したいのかによって、選び方も変わってきます。

店頭やネットで商品を選ぶ際は、表記をよく確認するようにしましょう。

また、日本の基準上は、90%以上カフェインを除去していればデカフェやカフェインレスと表記することができます。

デカフェやカフェインレスだからといって飲みすぎると、知らず知らずのうちにカフェインの過剰摂取につながる可能性もあるため、注意が必要です。

メーカーによっては、「98%除去」「99%カット」など具体的な数字を挙げていることも多いので、選ぶ際は参考にしてみてくださいね。