紙パックタイプのデカフェ一覧・飲んだ感想まとめ【随時更新】

紙パックタイプのデカフェ一覧・飲んだ感想まとめ

紙パックタイプのデカフェを飲んだ感想を書いていきます。

酪王 やさしいカフェオレ カフェインレス

酪王 やさしいカフェオレ カフェインレスを飲んでみました。

酪王カフェオレシリーズは、福島県内で広く手に入ります。パッケージが可愛いんですよね。

容量は300mlなので、一般的な500mlの紙パックよりも少し小さめ&細めです。

酪王カフェオレ40周年を記念して発売された新シリーズだそう。

酪王カフェオレのミルクのコク、コーヒーのおいしさを残したまま、カフェインだけをカットしています。

栄養成分表示

カロリーは100mlあたり74kcal、カフェインは0gなので安心して飲めますね。

色はかなり茶色が薄め。ほぼベージュに近いです。

「生乳50%以上使用」という表記があったので、コーヒーに対してかなり牛乳の割合が多いのでしょう。

飲んでみた感想

飲んでみても、ミルクのコクを強く感じます。甘めで、とてもまろやか。

牛乳を飲んだときのような、やや喉に張り付く感じもありました。

味わいとしてはコーヒー牛乳に近いですね。子どもでも飲みやすそうです。

  • 甘さ・・・★★★
  • コーヒー感・・・★
  • 飲みやすさ・・・★★★

大人の紅茶 トリプルゼロ レモンティー

大人の紅茶 トリプルゼロ レモンティー外観

大人の紅茶 トリプルゼロ レモンティーを飲んでみました。

「カロリーゼロ、糖質ゼロ、カフェインゼロ」の紅茶飲料シリーズで、2018年3月にリニューアルしたものです。

今回はスーパーで買いました。

大人の紅茶 トリプルゼロ レモンティー表示

「大人の紅茶」はもともとカロリーゼロの紅茶のシリーズを出しており、今回はさらに糖質とカフェインをカットした「トリプルゼロ」に。

はじめは「午後の紅茶」のシリーズかと思って買いましたが、販売元はエルビーなのでまったく別モノでしたね。(午後の紅茶はキリンビバレッジ)

栄養成分表示

大人の紅茶 トリプルゼロ レモンティー成分表示

当然ながら名前のとおり、カフェインはゼロです。

飲んでみた感想

大人の紅茶 トリプルゼロ レモンティーアップ

味のほうなんですが、まず変に甘い。人工甘味料がバンバン使われているので、そのせいでしょうか。

甘ったるくて舌にのこる感じが、後味まで残りますね…。

「甘さ控えめ、すっきりした後味」とパッケージにはありましたが、正直真逆に感じました。

味については、カフェインを抜いたからというより、糖質・カロリーゼロにしたためにこうなった気がします。

1リットルで100円台とコスパはいいのですが、紅茶としてのおいしさを考えると、わたしはリピートはないですね。

  • 甘さ・・・★★★
  • 紅茶感・・・★
  • 飲みやすさ・・・★

※随時追加していきます。